【初心者向け】ゲーム実況動画の制作と始め方

動画制作

YouTubeなどの動画投稿サイトに自分も「ゲーム実況動画を投稿をやってみたい!」と思っていても、何をどうやればいいの?と初めは思うかもしれません。

そこでゲーム実況動画に必要な機材や動画を編集するのに必要なソフトなどを解説します!

スポンサーリンク

ゲーム実況動画の制作からアップロードまでの主な流れ

  1. 必要な機材を揃える
  2. ゲームのプレイ動画を録画する
  3. 録画した動画を編集する
  4. サムネイル画像を作成する
  5. YouTubeへ動画をアップロードする

手順はこのような簡単な流れ。

が!しかし!!!!

簡単に思えるが

手順を文字で説明すると簡単な作業に思えますが、ゲームのプレイ時間、編集、サムネイル制作、アップロード完了までの作業は意外と大変です。挫折を何度も繰り返す事もあると思います。また機材が無いのなら初期費用もかかる場合もあります。

録画する機材

まずはゲームのプレイ動画を録画するのに機材が必要ですね。

実況動画は、ゲーム機とパソコンをつないで録画をしています。そこで必要な機材はパソコンという事になります。また自分の声で実況するならマイクやヘッドフォーンなどが必要な場合もありあます。

パソコン以外で録画する方法はありますがパソコンで録画する事をオススメします。

パソコンで録画したほうが良い理由

パソコンなら自由に編集することが可能であり、編集用のソフトを使って作業をするので録画した動画をそのままパソコンで編集する事が可能なのと録画した動画を保存しておける面ではやはりパソコンの自由度が高いのでパソコン(以下PCと表記)オススメです。動画のクオリティに関してもPCが良いです。

具体的な必要機材

必要な機材一覧
  • PC(パソコン):録画、編集する為にに必要
  • キャプチャーボード:家庭用ゲーム機やスマートホンの映像をPCに取り込む為に必要
  • マイク・ヘッドフォーン:自分の声で実況をやりたい方は必要
  • 動画編集用ソフト
  • ゲーム機・ソフト

これだけあればゲーム実況動画を録画し編集作業もできます。

どのゲームに特化した動画を作りたいのか?

PS、Xbox、Switch、スマホゲーム、PCゲームなど様々なゲームが存在しますが、どのゲームをプレイするかによって必用のない機材もあります。PCゲームならすでにPCを持っているわけですから新たに購入する必要はありませんね。また実況に関して声出ししたくないのであればゆっくり実況やボーカロイド実況などもできますのでマイクは無くても良いです。オールマイティにプレイしたい方は上記の必要機材があれば十分対応できます。

キャプチャーボードとは?

家庭用ゲーム機やスマートフォンの映像を取り込むための機材。 マイクによる音声入力もできるので、必要な機材の一つになります。

PCゲームを録画する場合は直接録画するので必要ありませんが、家庭用ゲーム機やスマートフォンゲームなどを接続する場合はHDMIケーブルで接続するので、ゲーム機側にHDMIケーブルがないと使えないのでご確認してください。HDMIが無い場合は変換プラグが必要となります。

キャプチャーソフト

キャプチャーソフトとは、PC上のゲーム映像をそのまま録画してくれるソフトです。PC画面に表示されているものをそのまま録画してくれる便利なソフトですので必須となります。

無料のキャプチャーソフト一覧
  • LoiLo
  • GeForce ExperienceのSHADOW PLAY
  • Bandicam
  • OBS Studio

マイクとヘッドフォーン

音声を録音するためにマイクが必要となります。USB端子になっているものがオススメ。

ヘッドフォーンが無いとPCのスピーカーから出るゲーム音がマイクに入ってハウリングを起こす可能性があるので用意したほうが良いです。

※マイクを使用しない場合なら必要ありません。

※ゆっくり実況などで実況する場合などは必要ありませんね。

動画編集ソフト

録画した動画の余分なところをカットしたりテロップの表示(文字入れ)シーンチェンジ効果などが行える動画編集ソフトです。

無料の動画編集ソフト一覧
有料の動画編集ソフト一覧
¥15,950 (2022/01/20 18:23時点 | Amazon調べ)

サムネイルを作成

サムネイルとは?動画のバナーの事です。
動画投稿サイトで検索したときに表示される画像。
サムネイルはとても重要な要素の1つであり、動画を視聴される為の入り口ですのでサムネイル無しの動画よりは視聴してくれる可能性が高くなります。
サムネイルの画像編集は、画像編集ソフトが必要となりますが無料の物でも十分です。

無料の画像編集ソフト

動画投稿サイトにアップロードする

編集が完了したら動画投稿サイトに動画をアップロードし、サムネイル画像を設定したり必要項目(タイトルや概要欄)などに書きたい事を書いて公開することで終了となります。

まとめ

ゲームをプレイし録画、編集といった流れは難しいと思うかもしれんませんが、覚えてしまえば誰でも動画を作る事はできます。※但しバズる動画を初めから作れるとは限りません。それはまた別の話になります。今回はゲーム実況動画の制作までの流れです。

始めるきっかけはどんな事でも良いと思います。

  • 得意なゲームのプレイや攻略を皆に見てもらいたい
  • 編集が楽しそうだから動画を作りたい
  • 同じゲームをプレイしている方とコミュニケーションをとりたい
  • 面白いゲームを皆さんに知ってもらいたい
  • あのゲーム実況者のようになりたい

もし興味があるのでしたら是非チャレンジしてみてください。また動画編集やサムネイル制作のスキルが身につくとゲーム実況動画以外にも役立つ事があるかもしれません。

まずは楽しむという事を忘れずに初めて見ましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました